• One person publisher

    末法惡世ノカナシミハ

  • Office Kanai 出版情報

    電子書籍出版、POD出版しています

    ドン・キホーテたち

    セルバンテスのドンキホーテとその変奏

    スペインの文豪、セルバンテス作である小説「ドン・キホーテ」ほど人々に愛惜される作品もないだろう。笑いと涙、浪漫とペーソスがつまっている。17世紀に出版されて以降、ドン・キホーテの変奏曲といってもいい小説や映画が多数製作されてきた。それらの知られざるドン・キホーテたちをとおして、人間と人間が織りなす社会模様の本質を考察するノンフィクション批評文。

    [ペーパーバック版999円、電子書籍版216円〕

    ペーパーバック版はアマゾンと Bccks で販売中。

    • 出版社: デザインエッグ社; 1版 (2018/3/14)
    • ISBN-10: 4815003688
    • ISBN-13: 978-4815003685
    • 発売日: 2018/3/14 48ページ

    電子書籍版は、Amazon kindle、Apple iBooks、楽天kobo, BookWalker, Bccks, forkN, にて販売中。

    ハイドンとモーツァルト

    注文生産と非注文生産

    芸術家論の本です。アーティスト論、クリエーター論、コンポーザー論。近代の創作の構造をかんがえます。あわせて近代社会の特質を芸術からみた社会哲学のクリティークです。難しくない日常語を用いる深い示唆に富む思索。音楽評論ではないのでご注意ください。

    [電子書籍版]216円

    [紙の本]941円

    紙本版を Bccks で販売中。

    電子書籍版は、Amazon kindle、Apple iBooks、楽天kobo, BookWalker, Bccks, forkN, にて販売中。

    抑制装置としての宗教

    Reasons why there is no religious cat

    地球上のあらゆる人間の集団が宗教もしくは神話をもっている。それをもたない民族や文明はないといっていい。それはいわゆる高等宗教でなくても、この世の発生のいわれとか、そういったことである。なぜそうなのか。なぜ宗教をもたない民族がないのか。宗教をもたない民族がないということは、宗教現象にはそれなしには済まされない必然の理由があるのだろう。社会に必要だから宗教の現象があるのだろう。その理由をかんがえよう。この本は宗教社会学、宗教の歴史学、宗教の文明論および人間学だ。

    [電子書籍版]216円

    [紙の本]779円

    紙本版を Bccks で販売中。

    電子書籍版は、Amazon kindle、Apple iBooks、楽天kobo, BookWalker, Bccks, forkN, にて販売中。

    教育と称するもの

    An Essay on "Self-Service Society" セルフサーヴィス社会について

    現代社会の教育と経済、そして社会システムについて根源的に考察する。第一章において現代が効率を求めるあまり非効率を招来している実態を論じ、つづく第二章でその原因を近代教育制度の根幹の行き詰まりに求める。第三章において交通問題とそれを起こした私たちの心性をかんがえる。最後の第四章において今後の展望を問う。根源的批評。

    [電子書籍版]216円

    [紙の本版]1136円

    ペーパーバック版はアマゾンと Bccks で販売中。

    電子書籍版は、Amazon kindle、Apple iBooks、楽天kobo, BookWalker, Bccks, forkN, にて販売中。

    群萠のうた

    大地に生きる人びと

    中世初期、上野国佐貫庄という荘園が成立した。現在の群馬県邑楽郡(含館林市)の東部三分の二ほどの地域がそれにあたる。 十三世紀初め、この地に、浄土真宗の始祖とされる親鸞が滞在した。

    それからおおよそ六百年ののち、この地域は足尾銅山の鉱毒によって甚だしく荒廃した。人びとは食に糧なく、着るに衣なく、住むに居なく、病に薬なく、塗炭の苦痛を負わされた。 親鸞の滞在地と、田中正造たちが駆け回ったのはまったく同一の土地であった。佐貫庄という砂塵を巻き上げる大地を横軸に、鎌倉の親鸞から、明治の正造にいたる、沙埃のごとく無名のひとびとの足跡をいささかここに記す。

    この物語の主人公は大地に生死する逞しき群萠である。

    〔ペーパーバック版1080円、電子書籍版250円〕

    • 出版社: 株式会社スリースパイス (2018/3/31)
    • ISBN-10: 490949104X
    • ISBN-13: 978-4909491046
    • 発売日: 2018/3/31  46ページ

    ペーパーバック版電子書籍版とも Amazon 限定販売。ほかのサイトでは買えません。

    コインの裏おもて

    やさしい哲学史

    広い意味での近代、この時代のものの見方の功罪ということについて問います。
    近代について考えるといってもあまりに茫漠としていて、私の手に負えるものではありません。そこで、そうした不安や憂いの根本にはなにがあるのだろうか、また、いったいなにをよりどころにしてこれから生きればいいのか、という問いをたて、近世の哲学者デカルトの「我思う。ゆえに我あり。」という言葉をキーワードにし、その思索の構造をたしかめることで考えていきたいとおもいます。
    いま私たちは豊かな時代に生きています。家にはモノが溢れかえって、もう欲しい物はないくらいです。この上ないくらい幸せなはずなのに、私たちはなにかものたりない、不安やあせりを抱えて生きています。最近そうした不安は急に大きくなってきたようです。この先ますます悪い時代になっていくのではないか、そんな予感を感じています。
    その原因の構造をかんがえます。

    〔紙本〕704円

    〔電子書籍版〕216円

    ペーパーバック版を Bccks で販売中。

    電子書籍版は、Amazon kindle、Apple iBooks、楽天kobo, BookWalker, Bccks, forkN, にて販売中。

    現代の危機を横超するために

    思考・言語・文明、そして信知する智慧

     ヒトがコトバを持ったゆえに他の生物と異質の「人間」になったこと。言葉が文明と人間の進化発展と頽廃堕落双方の基因であることを論じる本です。

     人間とその文明の本質がコトバであるから、こんにちの閉塞状況の原因を近代西洋の合理主義とヒューマニズムだけに求めても、それはすこしく的を外しています。

     もしそうならば、分析主義の西洋の代わりに綜合主義の東洋を換置すれば片づくだろうという発想になりますが、そんな根の浅い問題でないのです。

    そこから未来を開く智慧のかたちを模索します。

    〔紙本〕779円

    〔電子書籍版〕99円

    ペーパーバック版を Bccks で販売中。

    電子書籍版は、Amazon kindle、Apple iBooks、楽天kobo, BookWalker, Bccks, forkN,にて販売中。

    モダン タイムズ Descartes philosophy and dissociative disorder

    離人症的現代

     私たちの体は、内臓や筋肉、それをコントロールする神経やホルモンといった仕組みに外界の状況に合わせてその状態を変化させてゆく自然なシステムが備わっています。それは通常は私たちの意志とは関わりなく自然に働くシステムです。意志によってコントロールできません。
    朝、日の光を感じて目を覚ませば、心臓の拍動は早く、血圧も高まり、爽快な気分とともに全体に活動的な状態になります。反対に日が暮れれば安静な状態になって眠りに就く。暑いときは自然に汗を出して体温を調節します。
    ところが私たちが過度に内面を意識しすぎて、そこに注目の眼差しを向けると、この自然な流れに滞りが起こりいろいろな体調不良を起こします。これが心身症です。心理的な面のみに着目すれば不眠症や自意識過剰といったノイローゼ症ということになります。
    こういった近現代の豊かさの影の部分の起源を西洋近代哲学の枠組みの中に探ります。拙著「コインの裏おもて」の難しいバージョンです。

    〔紙本〕844円

    〔電子書籍版〕216円

    ペーパーバック版を Bccks で販売中。

    電子書籍版は、Amazon kindle、Apple iBooks、楽天kobo, BookWalker, Bccks, forkN, にて販売中。

    源空と親鸞 

    宗教現象のサムサーラ

    宗教現象を、大きな眼でとらえると、一種の歴史的循環運動が見られます。
    まずカリスマを備えた偉大な教祖が出現します。クリスト、釈尊、ムハンマドといった人たちです。この人たちは共通して精緻な教学を拒否します。本を書かないところも同じです。教祖とその弟子たちは生きた音声を師資相承することに努力し、文字化をあえて避けます。このように偉大な開祖は教学を造らず文字化しないのです。
    しかしやがて時を経て、その教団が社会的にある程度の地位を占めると、教学が興起します。教義を宣揚し教線を拡大するため、また他教との相論のため教学を必要とします。教学は紙に文字で示されます。教義を記された当時の生き生きとした宗教的生命を、後世の教義学者はやがて喪ってしまいます。そして伝燈の教学書の一字一句を金科玉条と祀り上げ、ご飯の種にするようになります。そうすれば世間的にも威信を保持できるとかれらが打算します。教団で金と地位を得ているかれらが既得権益維持のために、頻繁に護法護教を呼号するのです。「宗論はどちらが勝っても釈迦の恥」と庶民が喝破するとおりです。たんなる我欲の張り合いに堕落してしまいます。
    そうして末法の悪弊があまりににひどくなると、教団内外から「教祖に帰れ」を合言葉に改革運動がおきます。その中から新たにカリスマを帯びた偉大な教祖が現われる。こうして宗教現象はサムサーラ(輪廻)します。
    教祖と聖弟子の時代は宗教的生命横溢し、粗な教学のみの正法の時代。教学構築時代は像法の時代、その後の教学書のみ残る時代が末法。こんな宗教のサムサーラ史観の難しい内容の本です。

    〔紙本〕767円

    〔電子書籍版〕99円

    ペーパーバック版を Bccks で販売中。

    電子書籍版は、Amazon kindle、Apple iBooks、楽天kobo, BookWalker, Bccks, forkN, にて販売中。

    末法悪世のかなしみは

    (紙の書籍)

    電子書籍として出版している上記「教育と称するもの」「ハイドンとモーツアルト」「抑制装置としての宗教」三作の合本です。

    「教育と称するもの」

     現代社会の教育と経済、そして社会システムについて根源的に考察する。第一章において現代が効率を求めるあまり非効率を招来している実態を論じ、つづく第二章でその原因を近代教育制度の根幹の行き詰まりに求める。第三章において交通問題とそれを起こした私たちの心性をかんがえる。最後の第四章において今後の展望を問う。

    「ハイドンとモーツァルト」 芸術家論の本です。アーティスト論、クリエーター論、コンポーザー論。近代の創作の構造をかんがえます。あわせて近代社会の特質を芸術からみた社会哲学の論攷です。音楽評論ではないのでご注意ください。

    「抑制装置としての宗教」 地球上のあらゆる人間の集団が宗教もしくは神話をもっています。それをもたない民族や文明は無いといっていい。それはいわゆる高等宗教でなくても、この世の発生のいわれとか、そういったことです。なぜそうなのでしょうか。なぜ宗教をもたない民族がないのでしょうか。宗教をもたない民族がないということは、宗教現象にはそれなしには済まされない必然の理由があるのでしょう。社会に必要だから宗教の現象があるのでしょう。その理由をかんがえます。この本は宗教社会学、宗教の歴史学、宗教の文明論および人間学です。

    電子書籍版と同一内容です。ただし随時、訂正加筆を施している電子書籍版に対し、こちらの紙版は初版の内容となっています。文言が若干違います。

    〔Amazonで紙の本のみ販売中〕2646円

    モダンタイムズ(増補版)

    (紙の書籍)

    「モダンタイムズ」「コインの裏おもて」「現代の危機を横超するために」「源空と親鸞」4冊の合本です。

    私たちの体は、内臓や筋肉、それをコントロールする神経やホルモンといった仕組みに外界の状況に合わせてその状態を変化させてゆく自然なシステムが備わっています。それは通常は私たちの意志とは関わりなく自然に働くシステムである。意志によってコントロールできません。朝、日の光を感じて目を覚ませば、心臓の拍動は早く、血圧も高まり、爽快な気分とともに全体に活動的な状態になります。反対に日が暮れれば安静な状態になって眠りに就く。暑いときは自然に汗を出して体温を調節します。ところが私たちが過度に内面を意識しすぎて、そこに注目の眼差しを向けると、この自然な流れに滞りが起こりいろいろな体調不良を起こします。これが心身症です。心理的な面のみに着目すれば不眠症や自意識過剰といったノイローゼ症ということになります。こういった近現代の豊かさの影の部分の起源を西洋近代哲学の枠組みの中に探ります。拙著「コインの裏おもて」はこの論考のやさしい表現バージョンです。

    「現代の危機を横超するために」「源空と親鸞」においては、近代人の個我の問題、見る主観と見られる客観の問題、そこから現れる環境問題や人間の自己疎外などもテーゼを考究します。「モダンタイムズ」のテーマを展開させた本です。

    電子書籍版と同一内容です。ただし電子書籍版が適時訂正加筆を施しているのに対し、こちらの紙版は初版の内容です。文言が若干違っております。

    〔Amazonで紙の本のみ販売中〕2646円

    東国の佛教

    親鸞のあしおとを聞く

    長野県の峻嶮な山岳が突然途切れ、まったいらな西関東平野がひろがる。それが上信の国境です。群馬県側から見あげる信州は、まさに山の上の天にちかい国。

    古来、その高く、爽やかな国から、低く湿って泥のような大地が、平らにひろがる関東平野へと、おおくの人びとが、物資と知識と技術を運びました。それはこの列島内部の人ばかりでなく、海のかなたの大陸からやってきた人びともおおくいたのです。

    この本は、関東平野の地誌と仏教徒の歴史について語る、ごく軽い写真入り随想です。

    全体は、前書きと、前半と、後半の三部からなります。前半で、昔の関東平野の文化状況と、仏教全般について語ります。後半では、鎌倉時代の北関東に住んだ親鸞の足跡をたどります。

    拙著『群萠のうた - 大地に生きる人たち』の姉妹作です。どうぞ、ごゆっくりお楽しみください。

    2018年12月新刊。

    電子書籍 216円

    電子書籍版を、Amazon kindle、Apple iBooks、楽天kobo, BookWalker , Bccks, forkN, にて販売中。

    親鸞における自覚覚他の構造

    南無阿弥陀佛優婆提舎

    「顕浄土真実教行証文類」の解説です。副題「南无阿弥陀佛優婆提舎」について説明します。
    優婆提舎とはインドの言葉「ウパデーシャ」に、古代中国僧侶が漢字を宛てた翻訳語です。宛て字のため漢字に意味はありません。優波提舎と充てることもあります。
    ウパデーシャとは佛教の真実をその時代の人々に近接して説くと言う意味です。
    佛の教えは永遠に真実ですが、それを覚るブッダが出現しようとしまいと普遍で不変な真実ですが、その普遍で不変な真如を阿弥陀といいますが、ブッダの説法の言葉や譬え話の類は時代の変化とともに、古臭く陳腐化してしまいます。何百年も昔の人の説法をそのまま聞いても、聞くひとにとってはチンプンカンプンであるか、つまらなく感じます。睡眠薬の代わりになってしまいます。
    そこで同時代の人々の琴線に触れるよう近く接して説くことをウパデーシャといいます。
    南無阿弥陀仏ウパデーシャ。なむあみだぶつを21世紀のわれらに近接して説く書物です。

    佛教学・真宗学の素養がある専門家向け。難解な内容。

     

    2019年8月新刊。

     

    電子書籍 2,200円

    電子書籍版をAmazon kindleにて販売中

  • ご購入方法

    読みたい本を見つけたら

    1

    お好きな販売サイトへ

    Amazon, Apple iBooks、楽天kobo, BookWalker(ブックウォーカー), forkN,

    それぞれのサイトの検索窓に上記の書名を入れてクリック!

    2

    販売サイト URL

     

    アマゾン キンドル www.amazon.co.jp

    楽天kobo https://books.rakuten.co.jp/

    アップル ブックスhttps://www.apple.com/jp/apple-books/

    BCCKS https://bccks.jp/

    ブックウォーカー https://bookwalker.jp/

    forkN http://forkn.jp/

    3

    そのサイトでご購入ください

    そのサイトの方法でお買い求めください。

    4

    ご心配なく

    同一タイトルの本はどの販売サイトでも同じ内容、同じ価格です。Apple Books のみ横書き表示、このほかのサイトは縦書き表示でございます。

    Apple Books から発行した電子書籍のみ短い音声ナレーションが付きます。

    5

    配送

    電子書籍であれば直ちにダウンロードされます。紙の本の場合は運送業者がお届けします。

  • Blogs 荘周の夢 猫の夢

    When I look at the world across the glass window

    June 6, 2019
     作文が苦手だ。原稿用紙何千枚か書いてきた物書き稼業をしているのに作文が苦手だ。 文章が書けない。何を書いていいのかわからない。 子供のじぶんからずっとそうだった。国語の授業は好きだった。勉強し...
     初冬の寒い夜。仕事を終えた私は田舎の小さな無人駅に着いた。  すぐに乗れれば良いが、と思いつつ時間表を見上げると、あいにく数分前に出たばかり。30分ほど待たなければならなかった。駅前は雨戸を閉...
    All Posts
    ×
    ×
    このサイトは直接販売をしませんから個人情報の収集をいたしません。